副作用に関する知識

セクシーな女性

避妊薬として有名なピルには低用量ピルとアフターピルの2種類があります。
性行為前に服用しておくことで効果を発揮するのが低用量ピル、性行為の服用でも効果を発揮してくれるのがアフターピルとなっています。
アフターピルは事後からでも高い避妊効果を発揮してくれるため、緊急時にもたいへん頼りになる存在となっています。
その反面、低用量ピルよりも副作用の生じる可能性が高いとされているので、その点に関しては注意が必要でしょう。

また、そのアフターピルもさらに2種類に分けることができます。
それがノルレボとプラノバールであり、性行為後に効果を発揮する点は同じです。
ノルレボは服用回数が少なく、副作用が起きる可能性も低いのがありがたい反面、少し価格が高めとなっています。
プラノバールはノルレボに比べると安く購入できるのですが、2回服用する必要があることから飲み忘れの危険があるのです。

アフターピルを服用することで生じる可能性のある副作用としては、吐き気や頭痛、めまいなどが挙げられます。
特に吐き気からそのまま嘔吐してしまう人も多いのですが、服用してから早い段階で嘔吐してしまうと成分が充分に吸収されていない場合もあります。
それによって避妊に失敗する人もいます。
もし服用から2時間前後で嘔吐してしまった場合は、勝手にアフターピルを服用し直すのではなく医師に相談するようにしましょう。
軽度な副作用であっても、場合によっては大きな問題につながることもありますので、細かい部分までしっかり意識しておきましょう。